【ゆずの木・低樹高化】

今日は、市内の生産者様園地ゆずの木の「低樹高化」という作業を、大船渡農業改良普及センター様、サポーター、会員の方々で行いました。

ゆずの木は樹勢が強く上に向かって枝を伸ばす性質があり、植えたままにしておくと果実がつきにくくなるので、真上に向かって伸びる枝は、苗木のうちに強度のあるひもなどで斜めになるように下へ引っ張り固定します。こうすることで、満遍なく枝葉に日があたり果実も育ち、手入れもしやすくなります♪

ゆずの木には、鋭いトゲがあるので丈夫な手袋や万全の装備で作業を行います。
今年は春の訪れが早く暖かい日が続いているので、花が咲くのも早いかもです!
たくさんの実が育ちますように〜